税理士紹介Q&A

海外転勤と納税管理人の選任

[平成21年4月1日現在法令等]


 1年以上の予定で海外に転勤すると、原則として日本国内に住所を有しない者と推定され、一般的には、所得税法上の非居住者となります。
非居住者の所得のうち、日本国内で発生した一定の所得については、引き続き日本の所得税が課税されます。
例えば、国内にある貸家の賃貸料などの不動産所得が一定額以上あれば、毎年確定申告書を提出しなければなりません。このような場合には、納税管理人を定める必要があります。この納税管理人は、確定申告書の提出や税金の納付等、非居住者の納税義務を果たすために置かれるものです。
納税管理人を定めたときには、その非居住者の納税地を所轄する税務署長に「所得税の納税管理人の届出書」を提出する必要があります。この届出書を提出した以後、税務署が発送する書類は、納税管理人あてに送付されますが、確定申告書は非居住者の納税地を所轄する税務署長に対して提出します。
なお、納税管理者は法人でも個人でも構いません。


(所法2、5、7、120、161、164、165、166、所令15、通法12、117、通令39)